読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iwamanteの車窓から

世界一周中。世界のわんにゃん展を開催すべく世界を駆け回ってます。眠そうな犬フェチです。見つけたら連絡ください。

世界一周、バックパック中身編

やっべーーーー!
2ヶ月前にバックパックの中身、公開するねって記事を投稿したの忘れてました。

うっかりさんです。

はい!ではバックパックの中身編!!

女子のバックパック、重い人で15キロ~20キロ。
軽い人で8キロ~10キロくらい!

旅が長いと、どんどん荷物を減らしたくなる衝動にかられるようです。
そんなことなら、はじめから少なくして日本を出ましょう!

そして、安く!持ち物を揃えよう!
世界一周なんて、大金がなくても出来ちゃうんです!!!!

まずは、トラベラーの見方、ホームセンター、100均で揃えられるものは揃えましょう。
決して某ハンズで買うのはオススメしません…!
お金をかければ、いいものが買えますが、無くした時、取られた時のショックも大きいです。
(経験者は語る)

ということで、バックパックの中身を公開します!参考になれば嬉しいです!
カッコ内は購入場所等。

1.バケツ (Amazon or 楽天)1500円



用途: 洗濯、足湯
→水を入れなくても形が崩れないものがよい!

お湯が出ない宿の場合、沸かしたお湯とお水を足して足湯にしてます。
雨が続いて停電ばっかりの地域でも役立ちました!

これはケース付きでちょっとかさばるけど、洗濯物をかなり溜め込むので個人的に必須アイテム。

2.S字フックと洗濯ロープ(ホームセンター)
S字フック家にあったので0円
ゴム78円×2



用途:ベッドにS字フックをかけ、洗濯ロープをつけるとバスタオルが干せます!
また、カーテン代わりになって男女共用ドミトリーの場合でもプライバシーがちょっと守られる!&着替えられます!

S字フックはちょっと大きめの方がどのベッドでも対応できる!
それから、わたしが使っているのはロープではなくて端がフックになっていて、ゴム状です!

ロープでも可ですが、結ぶのが億劫なので、こちらを愛用してます!
なんといっても1本78円という格安!
2本用意して、靴下やハンドタオルなど干すときは長くしてます!
洗濯はだいたい宿にロープが張ってあるので、長さはそんなに必要ないです!

他に洗濯石鹸。


100均で買ったお弁当ボックスミニ(フルーツとか入れるくらいの大きさ)と無印で買った石鹸置きネットをあわせて、この箱のサイズに石鹸をカットしました!
必要な分だけね!石鹸は世界でたくさん売っているので心配なし!

3.ケーブル類



パソコン、ケータイの充電器
変圧器、2000円くらい
モバイルバッテリー(給電式2回まで、確か2000円くらい)
ヘッドライト(ホームセンターで980円)
延長コード(200円くらい、1m)
ライトニングケーブル予備1本(1000円前後)

ヘッドライトと懐中電灯、どちらか1つでよいと思います!
ヘッドライトもアウトドア製品だと1つ2400~3000円かかりますが、ホームセンターだと1000円でいいものが見つかります!
毎日使うものではないので予備で電池1つ持っていれば安心だと思います!

電化製品は1つの電気屋でだいたい購入!
パソコンやカメラなど買う時についたポイントで購入すると、経費削減できますよ!
大きいものはネットで安く買うか迷うと思いますが、電気屋によってポイントの還元率が5%から20%とかなりあるので、時間がある方は色々回ってみましょう!

4.塩&醤油



用途:味付けの決め手は2大トップスター

ふりかけは1人だとご飯炊くの面倒だし、あんまりご飯がおいしくないので持ってきませんでした!

他には10徳ナイフ(ホームセンター980円)、ポカリスウェットの粉3つ、フォークスプーン箸(兼用)
が100均で買った保冷対応のできるバッグに入ってます!

ポカリの粉はまずいお水を買ってしまったとき、バス酔いしそうな時、高熱で寝込んだ時などにすごく薄めて飲んでます!

塩は瓶じゃなくて、パウチ使用で軽く、醤油も軽めのボトルを選びました~!
あったらいいな、と思う調味料としては塩昆布、なんでも和風になるし、体調壊した時のお粥のお供にもなる!今回はうっかり忘れましたが、譲れない調味料はぜひ持っていってください!日本人宿でのシェア飯にも役立つかも!

5.予備品

予備バッグの中身は、こんな感じ!



シャンプー(3000円)
カミソリ、(100均)
T字カミソリ替刃
裁縫セット(100均)
コンタクトレンズ
歯間ブラシ(100均)
エタノール(ボトルは100均)
レモングラス精油(値段不明、無印良品)
予備電池1本

爪切り

シャンプーは普段使いと分けてます。
普段使い用が万が一溢れた時に!

エタノールとレモングラス精油は水を足して、小さめのアトマイザーに入れると天然虫除けスプレーに変身!
バスに酔いそうな時、自分が汗臭い時などシュッ!ってしてます。
虫が嫌いな匂いじゃなくても、自分の好きな匂いの精油でリフレッシュ出来るかもしれないのでオススメ!

6.薬類



ロキソニン(家にあったので0円)
バンドエイド(100均)
ビオフェルミン(350錠、値段不明)
体温計(家にあったので0円、無くても可)
アルコール脱脂綿(100均)
ムヒ(軟膏タイプ、値段不明)
ゲンタシン(化膿止め、値段不明)
目薬(500円くらい)
フェミニーナ軟膏(たぶん1000円くらい)
デントヘルス(たぶん1000円くらい)
乗り物酔い止め(800円くらい)

薬類はお好みで!
胃腸が弱いので、ビオフェルミンは強い味方です。それに加えて口内炎がよく出来るのでデントヘルスもかかせない!
胃腸が強い人でもうっかり食べてしまった露天のフルーツやジュースでお腹を壊す人も…


ムヒは液体が溢れた時が怖いので軟膏タイプに!どこに行っても虫がいるのと、海外の蚊は強烈ですよーーー!

アルコール脱脂綿はそんなに使う機会ないと思われがちですが、わたしは旅先で買ったピアスの消毒に使っているので、個人的に重宝してます!

乗り物酔い止め、今のところクスコに行くバスだけで飲みました!
ここぞ!って時だけ飲んでます!

体温計はなくてもよかったかなあ。。笑

7.洗面用具


シャンプー
石鹸
クレンジングジェル
T字カミソリ
アカスリタオル

シャンプーは100均で買ったボトルに小分けに入れてます。

石鹸は家にあった石鹸入れを使用していますが、100均で売ってるお弁当用のミニボックスでOK!それに無印良品で売ってる石鹸置きのネットを敷くと石鹸が張り付かなくて便利です!

アカスリタオルはボディータオルよりもかさばらないって理由で選びました!笑

溢れた時を考えるとクレンジングはオイルではなくて、ジェルの方が広がらないです!
(海外のバスは荷物置き場が乱雑なのと、悪路が多い!!!)


8.歯磨きセット

歯磨き粉
歯ブラシ
折りたためるコップ

歯ブラシも歯磨き粉もどうしても!ってものじゃない限り、予備は必要なし!
ただし、歯ブラシは海外だとブラシ部分が大きいので注意!


9.生理用品

女子は考えますよね!
わたしは今まで布ナプキンを使用していたけど、海外だと干す場所に困ったり、つけ置きする場所がなかったり、干すのに恥ずかしかったりでやめました!
けど、ケミカルナプキン使うのはイヤだー!って人は、ムーンカップとナプキンのセットがいいかなーと思います!
ムーンカップはAmazonや楽天で3~4000円で買えます。ちょっと高いけど、出発までに時間がある人は試してみてはいかがでしょうか!

海外どこに行ってもナプキンは買えるので、必要以上には持っていかないこと!

10.洋服類

パンツ4枚
キャミソール(ブラカップ付き)3枚
靴下4足
コットンパンツ1枚
レギンス1枚
Tシャツ2枚
ヒートテック2枚
パーカー1枚
フリース1枚
タイパンツ(パジャマ用)1枚
ワンピース2枚

ブラもパンツも可愛すぎると盗まれます!干すのに恥ずかしい人はUNIQLOのブラカップ付きキャミソールがオススメ!
TシャツはZARAで1枚980円!
フリース、タイパンツは楽天で各1000円!
ワンピースは汚いシャワールームで着替えたくない時に使えます!床につくからね。
靴下は靴下屋で3足1000円でOK!ただ、破けるのはとっても早いので、アウトドア用品店のモンベルなどで売ってる靴下もオススメ!
破けたら縫ったるわい!と言う方は是非靴下屋で!


ジーンズはかさばるし、重い。

干しても乾くのに時間がかかるので却下しました〜

でも大体みんな1着は持っていると思う!

11.化粧品

普段使っている化粧品、容器がかさばるのよねーと言う人は100均に売っているアトマイザーが役立ちます!
特にクリーム類はプラスチック容器に入っていることが多く、意外と重いので使う分だけを入れ替えるといいです!

液体物はなるべく防水仕様の袋、それ以外はナイロン素材を買いました(100均)

袋にまとめていないものとして、
マッチ(宿で調理する時に必要)
スイムタオル(だいたい2~3000円)*
ハンドタオル
マフラータオル
帽子
アルミシート(100均)*
エコバック(貰ったので0円)
虫除けバンド(100均)
ビーサン
レインジャケット*
ウィンドブレーカー*
コンタクト液
綿棒
トイレットペーパー(芯を抜いて潰して持って行こう)
ジップロック2.3枚*


*スイムタオル
わたしはAQAというメーカーのMサイズを使用しています。女性だったらMで十分だと思います!

*アルミシート
寒い時にベッドの中に敷いたり、バスの待合いベンチは冷たくて痛いので敷くと和らぎますよー!よく出し入れするので、バックパックと背中部分に入れてます!
100均だと小さすぎたり大きすぎたりするので、大きめを買って丁度いいサイズに切って持っていくといいと思います!

*レインジャケット、ウィンドブレーカー
本当は一緒になっているものだとかさばらなくていいと思いますが、わざわざ買うのも…という方は別々でも問題なしです◎
レインジャケットはアウトドア品の物の方が軽くて使いやすいと思いますが、普通に街歩き用であればホームセンターで売ってるもので十分です(2000円くらい)

*ジップロック
サンドイッチや果物を入れて、バス移動時に食べたりしてます!
ラップを持ち歩くよりはかさばらないので、1枚持ってたら便利かも!

わたしの荷物の中で入っていないもの、だけど、ほとんどのバックパッカーが持っていく持ち物としてUNIQLOのウルトラライトダウンジャケットがあります。
が、フリース素材のアウターとウィンドブレーカーで対応できたので安くついた!

以上、だいたい9キロ~10キロを行ったり来たりしています。
初めて行く土地でたくさん歩くことを考えると、なるべく軽く抑えること!
荷物集めのコツとして、ちょこちょこ集める人は買ったものをメモしておくこと!
似たようなものを買ってしまったり、同じものを買わないために重要。
まずは買い出しリストを作った後、どこで買うのかお店ごとにまとめると分かりやすいです◎

さて、気が向いたらサブバッグ編やろーっと!

例えば好きな人が出来たら、

只今アテネ!

空港で18時間待機だよー!

寝床確保したし、アルミシートひいたら最高のベッド…っていうのは強がりです。

コロンビアのメデジンを出てから早2日?

計算するのも怖いくらい、一体何時間で目的地まで着くのだ!!

しかし飛行機は楽チンです!

だって乗ってるだけで、ご飯出てきて、トイレも好きな時に行けて神経使わない!

でもね、せっかく窓際の席とったのに、おじちゃんたちに取られてて、そこわたしの席だよ!って抗議したらすっごく嫌そうにため息つきながらココがいいのか?って!!!

いやそこ元々わたしの席だから!

って仕方なく通路側の席に座ったら、無言でチョコレート出してきたおじちゃん。

ご機嫌取りか?わたしは子供か?孫か?

いや拗ねてるわたしみっともない!

大人になろう。

って思いました。

こんばんは、iwamanteです。

さて!!!

タイトル、例えば好きな人が出来たら、について!

旅の中で好きな人が出来たらどうするの?

って聞かれるたび、ないない!

好きな人?出来ない出来ない!

だって、一つの宿にだいたい2泊、多くて4泊くらいでしょ?

都市単位で数えても1週間くらいが最長なわたしにとって、好きになる時間ないよ!

って答えていました。

それから、好きになりそうって自分の気持ちに気づいたら好きにならない努力をしてきた。

旅を続けなきゃいけない自分を理由にして、逃げてきたんです。

だって、本当に好きになっちゃったら離れるの寂しい!

初対面の人にもなるべく自分から話しかけよう!って思ってるけど、ただでさえ時間がかかって日々人間関係に対して葛藤しているのに、告白?そんなの出来ませんってなっちゃう!!!

そう、だから

考えないようにする。

いつか忘れるだろうって自分に言い聞かせて、次の国に向かうのです。

ああ、キレイな瞳だったなあ。

とか思いながら、バスに揺られるのです。

みんなはどうしてるんだろう。

そういう恋の話、聞きたい!




好きなAV女優の話

只今コロンビアのボゴタに向かうバスの中であります。

Twitterでフォローしたい人がいても、AV女優しかフォローしていないアカウントを見られたらなんじゃこいつ!!!

と思われるんじゃないかと、ドキドキして、結局フォロー出来ずに覗くだけ、という変態野郎です。

どうも、iwamanteです。

ちなみに、わたしの一押しの女優は篠宮ゆりちゃん!!!天使!エンジェル!

もう可愛すぎて可愛すぎて。

服なんて脱がなくていいんだよ!それくらい可愛いのです。

是非見てください(何ブログ?)

そういえば、わたしの名前を卑猥だと思った人、いますよね

このあだ名は高校1年生の時からの付き合いなのです。もはやあだ名が長すぎて下半分のマンテと呼ばれることが多く、余計に卑猥さを醸し出しているかもしれない。

ボリビアの太陽の島で出会った初代インカ皇帝、マンコカパック氏にも相当の親近感を抱きました。

その時代にわたしが生きていたら良き伴侶になっていたことでしょう。

どうでもいい話ししか出来なさそうだから、あと少し寝ます。

フライトまであと5時間なんだけど、無事ボゴタまで着くのかな…

おやすみなさい!


南米脱出!!!

こんにちは、iwamanteです。

今日で、南米大陸が終わります。

長かったーーーーー!

だって、わたしが日本を出たのは2014年の1月1日。

アメリカとカナダを横断したあと、メキシコ、グアテマラを沈没しつつ辿り着いたはいいけど、気付いたら所持金3万になってて、

あっちゃーーーー!やっべーーーー!

と焦ってカナダに戻ってワーホリ。

やっとフルーツピッキングの仕事が見つかったと思ったら、英語が喋れなくてインド人オーナーの息子(10歳)にバカにされ、木から落ちて脳震盪を起しつつ頑張ってチェリーとアップルを取り終えた2014秋。

あら?あら?意外とお金貯まってない!と気づいてジャパレスで働くも、久しぶりに日本人と働いてなんだか疲れて予定よりも2ヶ月早く辞めることに。2014冬。

よっしゃーーー!

これから旅再開だーーー!

張り切ってメキシコ!

カンクンでルンルン!

キューバを回ってコロンビアIN

南米入っちゃったよ!

やったー!このままベネズエラ行っちゃうよ~!ロライマだよロライマー!

と思ったら荷物全部取られて強制送還!

2015春。

と、ここまで書いてみて、ただのダメ人間じゃないですか?わたし。

2016夏、旅再開ー!

沈没することもなく、素敵な仲間にも会え、やっと、やーーっと南米終えました!

もう感無量!

ありがとうございます!

次の行き先は…

チーノと言われた時の対処法

南米を旅していると、よく聞く言葉、

「チーノ」

中国人という意味なのですが、まだチーノ?と聞いてくるのであれば、

いいえ、わたしは日本人です

と、訂正できる。

がしかし、悪質なやつはそんな常套手段は使わない。

バスの中で、電車の中で、すれ違いざまに、メルカドで、

「チーノ」

ボソっと呟いて去っていくではないか。

なんの意味があるのだ!!

答えを求めない問いということか?

ただ言いたいだけか?

こればかりは答えが出ないまま、南米大陸を出ることになりそうです。

最近は、カプチーノという単語でも

反応してしまうのです。

どうしてくれるんだ!!!まったく!

そういえば、リマで会った大学生はるかちゃんが、インドでもチャイナ?と聞かれることがたくさんあったそうで、

「モンゴル」

と答えたら、「good」

と言って去っていったそうです。

ちなみに、南米でチーノと言われたら

「オラ!ボリビアーノ」

と言うと複雑な気持ちになるのだそう。

タイトルをちなみに、で終わらせてしまった…

こんなこと書いて、ボリビア人にもモンゴル人にも中国人にもなんだか悪い気がしてきた。

チャオ!!!

いざ、ベネズエラへ!

情報系ブログを目指しています!

と言いたいところですが、そんなに器用でもなく、宿で出会ったKさんがブログにバスの移動情報だけ載せてるやつってさー面白味なくね?と言っているのを聞いて、”主に世界の宿情報”と書いていたブログの説明文を速攻消しました。

みなさんこんにちは、iwamanteです。

あ、そうそう、それで

Kさんはこうも言っていたのです。

旅の中で思ったこととか、そーゆーのが聞きたいわけよ!!という言葉にも、おお!そうか!そうなのか!それでいいのか!と嬉しくなったので、好きなように書くことにする。

見返したら、くっだらねーなーと思うこと確実だけど、いいんだ!

って、旅をはじめて3ヶ月、宿の情報記事を書いたことは一度もありません。ごめんなさい。

情報系ブログまでの道のり、遠し…!!!

さて、メデジンのめちゃめちゃ居心地のよい宿のみんなが口々に「くれぐれも気をつけて」と送り出してくれたのはもう昨日のこと。

目覚めると朝の4時。

そうか、わたしは今コロンビアとベネズエラの国境の町、ククタに向かっていたのだ…!

夢の中で大好きなお母さんとケンカをしていた。

そういえば、結局ベネズエラ行きを伝えたあと、母からの返信はなかったのだった。

ああー怒ってるなあ、無事に帰って来れたらちゃんと謝ろう。

無事に帰って来れなかったら…

それでも謝ろう。

と、まあそんなことを思いつつ、

あれだけベネズエラ行きをためらっていたのに、メデジンを出て7時間。

よくもまあ揺れるバスの中で7時間も爆睡できたものだ。我ながら旅向きだなーすっごいな自分~と感心しちゃってた。

と、ここで携帯で文字を打ちながら再び眠気が…

ふと空を見上げてみて、すっごいキレイな星空で、ああああーーー!これ今カメラ出して写真撮りたいーーーーー!という衝動にかられるも、盗まれた時のことを考えてカメラは宿に置いてきたんだった…

カメラに頼るな!

目に焼き付けるのだ!

と思ったのもつかの間、再び眠気が。

次に起きた時はもうククタの町。

懐かしい空気に、どこかホッとして、それでも緊張と焦る気持ちが交差する変な感覚だった。

コロンビアとベネズエラ間の橋は人が絶えず行き来していて、ほとんどの人が大きな荷物を抱えてた。

食べ物やタイヤ、薬も何もかもが不足している。そんな状況下でも人は生きていかなきゃならない。

大変な状況なのに、人はみんな笑ってた。

ベネズエラ側の国境の町、サンアントニオに入るとお店はほとんど閉まっていて、物を抱えた人たちがバスに乗るために行列を作っていた。

早くサンクリストバルに向かいたい

その気持ちだけしかなかった。

サンアントニオからサンクリストバル行きのバスに乗るも、走り出して10分。

検問に引っかかる。

それまではずっと現地人に間違われ、ずっとスペイン語で話しかけられていたが、笑ってごまかす&少ない語彙力でなんとか乗り切っていたのに、パスポートを出した瞬間、

おい、あいつ外国人だったのかよ!!!

という視線が四方八方から飛んできた。

荷物を全部出せ!とポリス3人に囲まれるも、笑ってノーアブラエスパニョールを繰り返すと、まあいいや、みたいな感じで検問は終わり、無事にバスに戻れたのだった。

その時のバスの乗客ったら、みんな大丈夫だったか?って聞いてきてくれて、もうそれだけで嬉しくなってしまった。

幸いにも検問は一度だけで、1時間半くらいでサンクリストバルに到着できた。

バスが到着する10分前から涙腺が緩みっぱなしだったけど、

無事に到着したら、緊張で涙が引っ込んでしまった。

そんなわけで、

目的地、サンクリストバルに無事到着したよってこと!!

命を削っても会いたい人

こんにちは、iwamanteです。

現在、2016年の9月27日。

時間は朝の7時半。

コロンビアのメデジンに滞在しています。

それはそれは、有名で素敵な宿にいさせて貰っているのですが、旅に出て初めて沈没の恐怖を実感しているのです。

沈没って?

と思う人は、ぜひ旅に出てみてください。

強靭な精神を持ったあなたでも、麻薬のような町や宿に浸かってしまうかも知れないよ!

さて、わたしは1年前、ベネズエラのサンクリストバルで荷物をすべて奪われたことがあります。

なんでかってのは、おいおいね…!

コロンビアのククタという町から、ベネズエラのサンアントニオまで国境を越えて、

サンクリストバルを抜け、ロライマ山を目指していたのです。

ラピュタのモデルにもなった山の上をスパーーーーっと切ったような、あの山ね。

たった一瞬でバックパックも、お金もカードもカメラもパソコンもすべて失ったと気付いた時、

世界が終わったと思ったんです。

頭が真っ白になって、あの町で泣き崩れたことが昨日のよう。

一度帰国して、1年後にやってきた南米。

ペルーのリマからスタートして、ボリビア、ブラジルを周りながら、アルゼンチン、チリと北上し、

再度ペルーを通って、エクアドル。

どんどん上に上がってくれば来るほど緊張と、あの事が鮮明に込み上がってきて、

もうこのまま日本に帰国したいと何度も思いました。

それでも、あの日

助けてくれた現地の女の子と日本人とベネズエラ人のファミリーにどうしても会いたくて、ここメデジンまでやって来ました。

やっぱり、ベネズエラって危険

どう考えても今は危ない。

助けてくれた日本人のマサアキさんも今は来るべき時じゃないかも知れないと連絡をくれて、

そうか、そうか、そうなんだね

と無理矢理に自分を納得させて、一度は行かない事を決心しました。

ふと携帯を見ると、母からのLINE。

ふみちゃんともみちゃん(愛犬)の写真と共に、愛しい子たちが待っているよという文字。

(ズルい、母はふみもみを使えばわたしの心が簡単に揺らぐことを知っているのだ)

居心地のいい、最高の宿の屋上に登るまでに号泣の準備は出来ていた。

いやむしろ階段を登る段階で泣いていたかも知れない。

この涙は何なのだ。行かないという選択肢は自分の命を守る最大の道なのだ。

何故だ、なぜ次の行き先が決まらないのだ。

何故、涙が止まらないのだ。

考えても答えが見つからないまま3日が経とうとしていた日、自分の部屋(ドミトリー)に戻ると、

この宿でパスポートを無くした(なぜ?)ユータくんと、カナダで2年も働いていたというエリナちゃんが。

「2人は揃って、明日起きて思い浮かんだ方にすればいいよ」

この?宿で?パスポートを?

無くした大学生、ユータくんの笑顔はキラッキラに光っていて、おいおい大丈夫かよ

信用ならねえな!なんて思っていたんですが、

起きてみて、ベネズエラ行きを決めたら

あら不思議。心が軽くなったのです!!

ああ、そっか。

わたし行きたかったんだ。

「実はやっぱり行くことにしたよ

荷物はすべて宿に置かせて貰って、早く帰ってくる」

母を安心させるべく、最大限の安心させる言葉を選んで送ったLINEは既読が付いたまま返信がなかった。

ごめんなさいの気持ちが追っかけてくるけど、

それでも行かなければならない。

そんな使命感のような、って言ったらカッコよく聞こえるかな。いやただのワガママです。

そんな訳で、今日、ベネズエラに行ってきます。

じゃあ、また!